薄毛治療で美人になりたい公式サイト

気にすれば気にするほど目立ってくる白髪、暗くならないためには

ある程度年が行ってしまうとどうしても、髪の毛に白いものが混ざってきます。場合によってはまだ若いのに白いものが、と悩んでいる人もいるでしょう。
気になりだすと止まらない白髪ですが、染める以外に何か方法は無いのでしょうか?実際白髪染めをしても、根っ子の方からまた白くなり始めそれを隠そうとしてまた染めて、本当にイタチごっこですね。手間もお金もかかるし時間も取られてしまって、しかも染め続けた場合の地肌のコンディションも気になるところです。
そんな感じに悩み続けることが、また新しい白髪を生んでいるとも言えないことは無いのです。白髪を気にして暗くなったり、気持ちが沈んだりすると精神的な面からも弱ってしまって、また白髪がと言うことにもなりかねないのです。

 

正直なところ、自分で思っているよりも他の人は他人の白髪を気にしてなどはいません、他人の目を気にしないことをまず最初に目指しましょう。
次に自分に対してです、若い頃髪の毛にメッシュを入れていた人もいるのではないでしょうか、また金髪にしていた人もいるでしょう。メッシュを入れたり薄い色に染めると言うのは、一旦髪の色素を抜いてそれからその色に染めているわけです。
と言うことはある意味、白髪と言うのはメッシュだと思ってみてはいかがでしょう、自然が生み出してくれたメッシュです。元の髪の色が濃い人は目立つかもしれませんが、髪のメッシュが入ったと思うとちょっと気分が違いませんか?
なので白髪染めも、メッシュに色を載せたと考えると、気分もぐっと違ってくるでしょう。
自信をもって明るくしていられれば、髪の毛に白いものがあってもどうと言うことはありません、魅力的な女性であることは白髪に左右されるような軽いものではないのですから。

 

剛毛で毛の量が多くて嫌

私は子供の頃から髪の毛の量が多く、太くてしっ仮した髪質です。
昔からいやで猫っ毛の人が「猫っ毛いやだ」と言っているのを聞いて羨ましく思っていました。

 

何年か前に行きつけの美容院で髪の毛が硬いのが悩みだと美容師さんに話したところCA101シャンプーを勧められました。

 

髪を柔らかくしてヘアアレンジしやすくなるとのことでした。
それを今でも使い続けています。

 

確かに使う前よりは少し髪の毛に柔らかさが出てきた様に思います。
しかし量の多さはどうにもなりません。

 

前は月に1回程度美容院に行き髪の毛をすいてもらっていたのですが、妊娠、出産、育児でそんな余裕は無くなってしまいました。

 

産後は髪の毛が抜け落ちいい感じの量だったのてますが、1年ほど経つと元通になっていました。

 

ショートカットなので髪の量が増えると目立ち、旦那さんにも髪の毛の量が多い事を指摘されてしまいます。

 

外出するときは帽子をかぶって髪の毛を潰してから出かけます。
それでも湿気や汗などで数時間で元の髪型に戻ってしまいます。

 

私の父親、妹、旦那も髪の毛が多いです。
なので勿論私の息子も生まれた時からしっかりとした髪の毛が生えていました。
髪の毛は元々の体質だから仕方ないと諦めています。

 

最近では髪の毛がな無かったり、薄い人に比べると髪の毛が多い私は、いい方なのかなとおもうようにしています。

 

幸いにも癖毛では無いので髪が膨らんで大きくみえることはありませんし。
自分にあったヘアケアの方法が見つかるといいんですが。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ